Scroll Page top

Walnut

ウォールナット

チーク、マホガニーと共に世界三大銘木のひとつに数えられるウォールナット。紫色を帯びた深い暗褐色の美しい木目は世界的に評価が高く、高級材の代名詞となっています。現在は、主に北米産のブラック・ウォールナットが「ウォールナット」と呼ばれています。和名でクルミと呼ばれるこの材は、その美しさや品質の良さから、古くから家具やライフルの銃床など様々な用途で用いられてきました。

スギ(杉)のアップ画像

適度な堅さと粘りがあり、蒸し曲げに対する適性が良く、接着性にも優れています。乾燥後の温度や湿度による狂いが少なく、鋸断性、鉋削性ともに良いため、造形を美しく仕上げることが可能な材です。塗装性も良く釘の保持力にも優れ、狂いも少ない事から、精度が要求される椅子などに多く用いられます。

Black cherry

ブラックチェリー

緻密な木肌で仕上がりの美しいブラックチェリーには、樹液のたまった痕が黒い点や線として残る、「ガムスポット」が点在します。またリップルマークなど杢が入るとより輝きが増し、非常に美しい表情を見せてくれます。
木目の強弱は家具の表情を豊かにしてくれます。
色合い、光沢の美しさに加え、木目から無垢材の力強さを程よく感じることができます。

ヒノキ(桧)のアップ画像

ブラックチェリーは散孔材のため、なめらかで光沢のある木肌をしています。一目見て、「美しい」と心から思える魅力的な木です。雰囲気があるので経年変化も含めいろいろなシチュエーションでお楽しみいただけます。

Magnolia obovata

朴の木

日本では国内全域に分布する広葉樹で、辺材は灰白色、心材は灰緑色をしています。
軽く、軟らかめの木材で収縮などによる歪み・変形が少なく、加工もしやすい部類です。
肌目は緻密でキメ細かい紋様です。なお、葉には殺菌成分が含まれているため、食品を包む目的としても古くから使われています。保存性についても高いほうです。乾燥時の比重としては0.48程度とされます。

カバ桜(バーチ)のアップ画像

朴の材質は芯材は灰緑色、辺材は灰白色で芯材と辺材の区別は明瞭であり、
材質は軽軟で工作しやすく、その用途は広く、特に有名だったのは刀の鞘、裁縫板、漆器の素地です。
産地としては北海道から九州にわたって広く分布しています。
家具工房LEONでは県内産の朴の木をしようしています。

Contact

お問い合わせ

家具工房 LEONへの各種お問い合わせ、
資料のご請求は、メールフォームをご利用下さい。

Contact form

作業場の風景画像